施工例紹介

築130年、父の遺志を受け継いだ古民家再生

温故知新

養蚕農家を営んでいたお父様の遺志を受け継ぎ、築130年の古民家をリノベーション。

ご高齢のお母様のことを考え、住みながらのリフォーム工事を行いました。

現代的な使いやすい間取りと断熱や機能性を重視しながらも、

古材の梁をそのまま見せたり古き良き時代の趣を大切にしています。

昔も今もたくさんの人々で賑わうお家の中心にキッチンを配し、

来客を温かく迎え入れる気持ちもしっかり受け継がれています。

  • AFTER
    断熱材の施工に加えサッシも断熱性のある製品に入れ替え、さらに外壁材が家の中を快適に保ちます。一番のお悩みだった室内の段差の解消で、お母様の負担も減りました。この家ならではの開放的な良さは生かしながら、現代の住宅に見合った造りとすることで、古いものと新しいもの両方の良さを兼ね備えています。
    BEFORE
    趣のある養蚕古民家。伝統構法の技術でしっかりとした造りでしたが、開放性や通風を重視した住宅は冬の寒さに悩まされます。昔の間取りも現代の住宅と照らし合わせてみると使いにくく、さらに敷居の段差が多い室内の移動はご高齢のお母様には負担でした。

VOICE

《お施主様のコメント》
とても感激しています。歴史ある小林工業に頼んで本当に良かったです。これから、どう住むか楽しみになりました。
《担当者コメント》
築130年という長い歴史をつないできたお家を残したいというお気持ちに、感謝したいという想いがあふれました。古民家再生には熟練の職人技と、木造住宅に関するベテランの知識が必要です。今回のリノベーションで、その力を余すところなく発揮出来たことは当店にとっても素晴らしい経験となりました。断熱機能を高めて暖かくなった、パナソニックの最新設備で暮らしが快適になったというお言葉を頂き、大変嬉しく思います。

これからも末永く、お家の歴史をつないで行かれますように。

★PanasonicリフォームClubデザインアワード2018関東地区優秀賞受賞★

ページトップへ戻る